エステサロンのホームページ制作

エステサロンのホームページ

こんにちは。ホームページ制作会社3rd Web(サードウェブ)の佐藤です。

 

今回は、エステやリラクゼーション、マッサージサロンなどのホームページ制作についてお話します。

 

サロン経営者の方がホームページを作成・運営するなら、集客するためのコツを知っておきましょう。具体的には以下のようなポイントがあります。

 

  • どんなサロンなのかわかるイメージ画像
  • コンセプトと具体的なお店の強み
  • わかりやすいメニュー表
  • 経営者またはスタッフの顔
  • お客様の声

 

どんなサロンなのかわかるイメージ画像

サロンと言っても、美容エステ、リラクゼーション、マッサージサロン、色んなタイプのサロンがありますよね。まずはお客様がホームページを一目見たときに「このお店はこういうサロン」とわかるようなキャッチコピーとイメージ画像を作りましょう。

 

その一瞬の判断で「なんか違うかも?」と思われたら他のサロンのホームページを探されてしまいます。ここが集客できるかどうかの第一関門です。お店の雰囲気を伝えるためには店内の様子や、施術している姿の写真を撮影して掲載すると良いです。

 

 

コンセプトと具体的なお店の強み

リラクサロンのホームページ

キャッチコピーやイメージ画像と同じように、「どんな悩みを解消して、どんな満足を提供しているサロンなのか」をできるだけわかりやすくメッセージで伝えましょう。

 

美容エステ、リラクゼーション、マッサージサロンなどは、技術の差がわかりにくい業種です。現在は格安サロンがどんどん出店していますので、コンセプトや強みがないとお客様の目に留まりません。

 

ある程度の経営期間がある場合はお客様から実際に評価されていることを、まだ営業して間もないサロンはこれから目指すべき姿や他店に負けない自信を打ち出していきましょう。

 

 

わかりやすいメニュー表

サロンは女性のお客様がメインターゲットだと思います。メニュー作りでよくありがちなのは「女性は多くのメニューから自分で色々と選べるのが好きだから」という理由で、お客様が選びきれないほど複雑なメニューになってしまっていること。

 

「実際にメニュー数が多いサロンほど、お客様の目に留まりやすくなるが、メニュー数が少ないサロンの方が売り上げは多い。」というデータがありますので、ビジネス目線で考えたときには、シンプルなわかりやすいメニューでお客様を満足させられるように心がけましょう。

 

 

経営者またはスタッフの顔

大規模な大手のサロンならあまり必要ないかもしれませんが、個人の小さなサロン(自宅サロンやプライベートサロン)の場合、経営者やスタッフ(施術者)の人柄が見えた方が、お客様は安心してサロンを選ぶことができます。

 

いかに不安要素を消し去るかが、新規集客のポイントになりますので、セキュリティなどを考慮した上でなるべくオープンなスタンスで情報を発信していくと良いと思います。

 

一つ注意したいのは、スタッフのプライベートな食べ物やペットを話題の中心にしているブログなどです。業務にあまり関係ない記事が多いとSEO(検索上位表示対策)として不利になる場合があります。エステなどのキーワードで検索されにくくなるということです。

 

 

お客様の声

マッサージサロンのホームページ

サロンの技術はインターネット上ではわかりにくいので、できればお客様に満足して頂いた声をホームページに記載することで、信用や信頼を得やすくできます。

 

掲載許可を頂いてアンケートを実施したり、施術後の写真を撮らせてもらったり、口コミをお願いしたりして、「お客様の満足度」を目で見える形にしましょう。

 

文字だけで「お客様の声」を掲載しても、自作自演と思われる可能性があるので、実際の写真を掲載することで信ぴょう性が増します。

 

 

最後に

これらのようなポイントを意識してホームページを作成・運営し、予約フォームを設置すれば、次第に予約を獲得できるようになると思います。

 

大手検索サイトに広告を載せて、そこからの集客に頼っていると、いつまで経っても利益を上げることはできませんので、ぜひお店の公式ホームページ作りにチャレンジしてみてください。

 

 

 

Follow me!