ネイルサロンのホームページ制作

ネイルサロンのHP作成

こんにちは。ホームページ制作会社3rd web(サードウェブ)の佐藤です。

 

今回は「ネイルサロンを経営するにはホームページを作るべき理由(=集客)」についてお話します。

 

「今までの職場である程度のお客様がついてきたのでネイルサロンを独立開業した」という方が、新規客を取れずに悩んでいるというケースをよく耳にします。

 

ネイルサロンに勤務している時は、技術力アップと接客マナーなどを学んできて、お客様に満足してもらうスキルは得られたと思います。

 

しかし、自分の力で新たにお客様を呼び込むこと(新規集客)はほとんど経験しませんよね。

 

「独立後、思ったより昔のお客様は来てくれなくなり、焦ってSNSやブログ、ポータルサイトへの登録をがんばり始めたけど、全然集客できない。」

 

「しかたなく大手の有料検索サイトに高い広告費を払って、なんとか集客しているけどクーポンの利用客ばかりで利益が出ていない。」

 

このような状態に陥っていませんか?ホームページを作れば、以下のような効果を得られるので、経営が改善すると思います。

 

  • ネイルサロンに必要な信用と信頼を得る
  • ホームページとSNSの違いを上手く利用する
  • クーポン目当てのお客様に時間を消費しない

 

ネイルサロンに必要な信用と信頼を得る

ネイルサロン

ネイルサロン、とくにプライベートサロンは、お店(施術者)とお客様の距離感が近いサービス業なので、センスはもちろん、相性の良し悪し、信用できるお店かどうか?などが重要視されやすい業界ですよね。

 

例えば、検索サイトで探した自宅や職場の近くにあるサロン。お客様はそのサロンのデザインセンス以外に信用できるかどうか、他の客にも人気があるか、ちゃんとした人が営業しているのか、それらを判断するために情報を集めます。

 

SNS(インスタグラムなど)ならお客様との交流があるか、ブログなら更新して営業している雰囲気がわかるか、ホームページならお客様にわかりやすく整理された情報(最新)が載っているか、総合的に信頼していいかどうか考えます。

 

このときの心理として、お客様の中では「無料で手軽なSNS」→「無料だけどある程度の量の文章を書く手間が必要なブログ」→「お金をかけて作られたきちんと運用しているホームページ」の順で判断材料としての重要度が増していきます。

 

当然ながら、趣味感覚や副業の片手間で経営しているかもしれないような雰囲気のお店に行きたいと思うお客様はいません。

 

ホームページなどに先行投資しているという事は、後で回収できる腕と自信のあるサロン、もしくはすでに実績があって利益を出しているサロン経営者である可能性が高いと思われるメリットがあります。

 

ホームページとSNSの違いを上手く利用する

インスタグラムなどのSNS

ホームページの運用と並行して、経営が軌道に乗るまでは地味にチラシを撒いたり、時間があるなら無料で出来ることは何でもやった方が良いですよね。

 

ただ、最終的に多くの新規客を獲得できるようになるための効率的なバランスを考える必要があります。

 

先程お話したように、ホームページはお客様からの信頼を得やすいのですが、作ったばかりの頃はなかなか検索して見てもらえる機会が少ないものです。

 

そこで、ホームページを広めるために便利なインスタグラムなどのSNSも並行して運用することをおすすめしています。

 

インスタグラムなどのSNSは利用し始めたばかりでも、交友関係の広い人と繋がったりトレンドに乗れば、比較的反応を得ることができます。ホームページは長期に渡って信用をコツコツ貯めていくのに適しています。この違いを理解して、上手くバランスを取ることで、集客に対する費用対効果を最大化させることができます。

 

クーポン目当てのお客様に時間を消費しない

開業当初は有料広告やクーポン割引きに頼ることは良いと思いますが、ある程度の時期が過ぎたら徐々に販促、広告宣伝費を抑えていく方向にシフトしないと、いつまで経っても利益が増えません。

 

しばらくの期間は、この状況でも「お客様が来てくれているだけでありがたい」と感じると思いますが、時間は有限です。次第に疲労が溜まっているのに利益が増えない状況に、焦りや苛立ちを覚えて経営に悪影響が出てきます。

 

そうなると、冷静な経営(何に時間とお金を費やしたら良いのか)判断ができなくなってしまいます。

 

これを未然に防ぐには、最初から新規特典などのクーポンを目当てにするお客様ばかり集客しないこと。

 

つまり、経営者側が広告のクーポンで楽に集客せず、サロンのコンセプトや割引以外の価値をできる限り発信してお客様を獲得していく意識が必要です。あらかじめ自分に見合ったコンセプトや価値を感じて集まったお客様が多ければ、リピーターが増えて広告や割引がどんどん必要なくなります。

 

それをネット上で可能にするのがホームページです。情報掲載量に制限がないので、お客様に有益な情報や価値を他の媒体よりも多く発信できます。

 

最後に

どのくらいの売上を望むのか、何年くらい経営したいと思っているのかによって、必要な販促は変わってくると思いますが、「できるだけ長く経営したい」「ゆるやかでも右肩上がりに利益を上げていきたい」と思っている方には、ホームページは必須です。

 

ぜひ今回のお話をホームページやSNSの運用の参考にしてみて下さい。

 

 

Follow me!