介護・福祉施設のホームページ制作

福祉施設のホームページ制作

こんにちは。ホームページ制作会社3rd Web(サードウェブ)の佐藤です。

 

介護・福祉・老人ホーム・ケアセンターのホームページ制作についてお話します。

 

少子高齢化がすすむ中、介護・福祉業界は現在もっとも拡大している業界の一つですよね。最近はあらゆる場所で老人ホームなどの福祉施設を見かけます。この勢いは止まらず今後もどんどん施設が増えていくと思われます。

 

事業所間の競争は激化し、慢性的な人手不足。現場の職員の業務を効率化して負担を軽減することは、今後の経営において必須だと思います。

 

  • 入居者の募集
  • アクセス解析で顧客のニーズをチェック
  • お問い合わせに関する業務の最適化
  • 職員の募集

 

ホームページを活用すれば、このような問題を解決し、業務効率を改善することができます。

 

入居者の募集

福祉施設の入居者の受け入れに関するあらゆる業務。効果の上がらない広告や販促を行ってお金と時間を消耗するより、しっかりとしたホームページを作り上げて、自然とお客様からお問い合わせがくる体制を整えましょう。

 

利用者は自分の行動範囲内の地域にある福祉(介護)施設を、インターネットで情報収集して調べています。

 

まずは自分の希望する地域にどのような施設があるのか?その中に要望に合うサービスを行っている施設はあるのか?

 

大手の介護・福祉施設検索サイトで調べる利用者も多いと思います。しかし、検索サイトを見てみるとどの施設も同じように見えてしまうといった経験はありませんか?そこで差別化に役立つのがホームページです。多くの人が、何かのきっかけで知った施設を詳しく調べたいと思った時に「施設名」で直接ホームページを検索します。

 

よほど競合相手がいない場合を除いては、ホームページは施設選びの第一の判断基準となっているんですね。

 

  • 営業方針
  • どのようなサービスを行っているか
  • 施設内の様子
  • 場所(立地条件)
  • 営業時間
  • 利用料金
  • 経営者や職員の紹介
  • よくある質問
  • 資料請求・お問い合わせ

 

このような情報をしっかりと掲載することで、利用者に安心感を与え、資料請求やお問い合わせを獲得しやすくなります。

 

 

アクセス解析で顧客のニーズをチェック

介護施設のホームページ

ホームページの内容は、利用者が知りたい情報をできるだけ掲載したいですよね。

 

ホームページのアクセス解析機能を使えば、どういうキーワードで自社ホームページが検索されたのかを調べられるので、そのキーワードによって経営者側が普段気が付かないような、利用者の隠れたニーズを知ることができます。

 

利用者のニーズを知ることができれば、サービスの充実や改善に役立てられます。さらにその情報をホームページで発信していくことで、より利用者の心を惹きつけやすくなるという好循環が生まれます。

 

 

お問い合わせに関する業務の最適化

人生を預けると言っても過言ではない施設に対し、利用者は入居前に慎重に慎重を重ねて施設選びを行います。

 

業務に追われて多忙な職員からすると、一から説明して他施設と比べられるのではなく、できればある程度気に入ってもらった状態で話を進めたいですよね。

 

一人一人の入居希望者に対し、懇切丁寧に接することは実はなかなかむずかしいことですし、信用を得るにはどうしても時間が必要になります。

 

この悩みを解決するために、よくあるお問い合わせや日々の利用者(そのご家族)との会話を基にどんどん施設の様子をホームページで発信していきましょう。

 

情報の発信を続けることによって、その行為自体が施設の信用へと変わっていきます。

 

 

職員の募集

介護・福祉業界で施設入居者の募集と同じくらい大切な仕事が、一緒に働いてくれる職員の募集です。

 

今は転職サイトや求人情報サイトがたくさんありますが、やはり検索サイトは他社との差別化がむずかしいため、給与など数字の部分ばかりが目立ってしまいます。

 

また、介護・福祉業界は色々なタイプの事業所があり、他の業界から転職する人も多いので、仕事内容や施設のサービス内容なども一般的には理解されていないかと思います。

 

より詳しく働く環境を公開していれば、その分求職者の応募に対する心理的ハードルは低くなり、採用に繋がりやすくなります。

 

 

最後に

少子高齢化社会で今後も介護・福祉業界は競争が激しくなる一方です。

 

多くの施設が入居者募集や職員求人募集を大手の検索サイトに依存している状態ですので、ここで自社ホームページをしっかり運営していくことは大きなメリットになると思います。

 

「まだホームページを作っていない」、「昔に作ってスマホ対応やセキュリティ対策ができていない」という方は、ぜひこの機会にホームページ作成をご検討下さい。

 

 

Follow me!