美容院のホームページ制作

美容院のホームページ制作

こんにちは。ホームページ制作会社3rd Web(サードウェブ)の佐藤です。

 

今回は、美容院のホームページ制作についてお話します。

 

美容院の店舗数は年々増え続けていて、2019年現在(24万店)過去最高を更新中ですから、競争は相当激しいですよね。参考までに全国のコンビニの数は5万店です。美容院の店舗数がいかに多いかわかりますね。

 

激戦の美容業界で経営を続けていくには、「ヘアカット技術+○○」のような、ヘアカット以外にもプラスになる付加価値が必要になってきます。そして、その価値を広めていくのに有効なのがホームページです。

 

  • 露出を増やす(大手検索サイトからの脱却)
  • 選ばれる理由を打ち出す(ヘアカラー、白髪染め、パーマなど)
  • ファンを作る(リピート率を上げる)

 

ホームページを活用して、このような集客対策を進めていきましょう。

 

 

露出を増やす(大手検索サイトからの脱却)

ライバル店が多いので、集客するためには、まず露出することが最重要です。お客様が少なくて空いている時間があれば、地域内で認知してもらうための活動をしましょう。

 

認知活動としては、ホームページ以外にもSNSで情報発信したりと、並行しながら他の対策も進めます。

 

小さな個人経営の美容院が利益を出すためには、広告費をなるべく抑える必要があるので、できる限り早い段階で大手のヘアサロン検索サイトなどに依存せずに、集客できるようにすることをおすすめします。

 

インスタグラムやフェイスブックなどSNSでの情報発信は、もともとの交友関係か、もしくはハッシュタグに地域名をつけて地域住民に広めていくイメージですね。

 

ホームページの場合、お客様がインターネットで髪型に対する悩みや解決方法を探して辿り着く可能性もあります。そういった可能性を考慮してお客様が悩みそうなことの解決法を提案していくと、ホームページが検索されやすくなります。

 

 

選ばれる理由を打ち出す(ヘアカラー、白髪染め、パーマなど)

美容室のホームページ制作

ヘアカットの技術力というのは、インターネット上ではなかなか判断がむずかしいので、言葉でお客様に伝わるような出来事があれば、ホームページ上で積極的に発信していきましょう。

 

例えば、「コンクールで入賞しました」「こういうスタイルが人気です」「お客様のこんなお悩み解決しました」など、いつもお客様と会話しているような内容で十分です。

 

その中でも、自分が得意としていること(お店のウリ)があれば、定期的に何度も繰り返し発信していくと良いと思います。

 

これといって打ち出す得意なものがなかったとした場合は、世間のニーズを汲み取りましょう。

 

高齢化が進んでいて白髪を気にするお客様が増えたと思えば、「白髪染めを得意とする美容院である」ということを、どんどん発信していきます。

 

とにかくホームページで発信を増やす(ネット上に露出する)ことで、自然と白髪染めのお客様だけでなく、客数全体が増えていきます。

 

 

ファンを作る(リピート率を上げる)

繰り返しますが、現在の美容業界は激戦です。そこに追い打ちをかけるように少子高齢化が進んで、業界全体の客数もどんどん減っていくことが予想されています。

 

今後、常に新規集客に追われ続けるスタイルの美容院経営は、消耗戦になってしまいます。そうならないように、新規集客と同時にリピート客の増加(常連客の獲得)も常に意識しないといけません。

 

安定してお客様に来ていただく一番かんたんな方法は、リピートしてもらうことです。つまりファン(常連)になってもらうことですね。

 

冒頭で「ヘアカット技術以外の付加価値が必要になる」というお話をしましたが、他の美容院と一番差別化しやすい付加価値は「美容師」自身です。

 

インスタグラムなどのSNSでフォロワーを増やして知名度を上げていき、プロフィールのホームページアドレス(URL)からお店の存在を知ってもらったり、一度来店したお客様と繋がって交流したり、色々とできると思います。

 

SNSは基本的に時系列でどんどん情報が流されていってしまい、タイミングを逃すとお知らせなどを伝えられない可能性があるので、あくまできっかけ作りとして、最新情報や細かい情報などはホームページをチェックしてもらうように促すと良いですね。

 

 

Follow me!