2015年頃よりインターネットの利用者はパソコンよりもスマートフォン(以下、スマホ)を使う割合が多くなってきました。総務省は「平成28年通信利用動向調査」で、インターネットを利用する際、スマホを利用している人は57.9%と年々上昇している傾向にあるとのデータを公表しています。インターネット利用者の約6割の人がスマホでホームページを見ていることになります。

それに伴い、ホームページは「パソコンで見やすい」ことより「スマホで見やすい」デザインを優先する考え方がWEB業界では一般的になってきていて、Googleも「スマホに適したデザインを採用しているかどうか」が検索の優先順位に影響するとして、スマホ対応のデザインを推奨しています。

下のイラストのように、今でもパソコン画面がそのままスマホに表示される(文字やボタンが小さくて見えにくい)ホームページをお持ちの方は、この機会に是非新しいホームページを作成することをおすすめします。

出典元:Google search

スマホ対応のデザインとは、スマホでホームページを表示した際に、自分でわざわざ表示を拡大しなくても「文字が見やすい大きさか」、「ボタンはクリックしやすい大きさか」、「画像の大きさは適切か」など、Googleから推奨されたいくつかのポイントを抑えたデザインのことを指します。

このようなパソコン画面でもスマホ画面でも自動的に見やすいように変換されるデザインが、現在のホームページ制作において必須条件となっています。

出典元:Google search

ホームページ制作会社によっては、スマホ対応デザインを別料金としている場合もありますが、当社の制作するホームページでは標準でスマホ対応デザインがパッケージ料金に含まれていますので、ご安心ください。

 

お気軽にお問い合わせください。070-6969-0310受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら